早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  ドプラ血流の臨床応用 > 狭窄および閉塞病変の血流診断 > 鎖骨下動脈病変の血流評価

狭窄および閉塞病変の血流診断 <鎖骨下動脈病変の血流評価>

椎骨動脈は左右ともに鎖骨下動脈の第1分枝で,椎骨動脈血流波形を解析することで鎖骨下動脈起始部の病変を推定することが可能です.
鎖骨下動脈起始部に狭窄病変が存在すると,同側の椎骨動脈血流の収縮期波形に変化を認めます.狭窄が軽度の場合は収縮中期から後期にかけて流速が低下し,さらに狭窄の程度が進行すると収縮中期から後期にかけて逆流成分を認めます.狭窄が重症化すると全収縮期で逆流性血流が得られto and froの血流パターンを認めます.また,鎖骨下動脈が完全または偽閉塞を示す場合は,拡張期も含め全時相で逆流性血流を記録します.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading