早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  カラードプラ血流検査 > カラードプラ法の基礎 > カラードプラ法の適応

カラードプラ法の基礎 <カラードプラ法の適応>

頸動脈エコー検査におけるカラードプラ法の適応は,
●ドプラ血流波形記録時のガイド
●動脈と静脈および他の管腔構造物との鑑別
●動脈の同定(外頸動脈の分枝血管など)
●血流方向の確認(逆行性血流の有無など)
●血管の走行形態の評価(蛇行,屈曲,螺旋など)
●血管内の血流状態の評価(渦流の有無など)
●血管内アーチファクトの鑑別
●IMC表面(プラークを含む)の形態評価(凹凸不整や潰瘍形成の有無など)
●狭窄病変の評価(2D断層像が得難い症例など)
●閉塞病変の診断(血流の有無を評価)
など,多岐にわたります.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading