早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  狭窄病変の評価 > 狭窄病変の診断 > 狭窄率の計測対象は?

狭窄病変の診断 <狭窄率の計測対象は?>

臨床的には径狭窄率70%以上が有意狭窄として評価されているが,頸動脈エコー検査においては径狭窄率50%以上で流速や血流波形に変化が観られるため,プラークの大きさに関係なく径狭窄率約50%以上が疑われる症例は狭窄率を求めます.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading