早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  IMTの評価 > maxIMTの診断 > 閉塞病変

maxIMTの診断 <閉塞病変>

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

狭窄病変と異なり閉塞病変はmaxIMTの計測症例から除外します.ただし,閉塞病変の診断は血管内部エコーの充満や拍動性の消失など,2D断層法での所見では診断が困難な場合が多く,ドプラ法を併用して診断します.

■ビデオデータダウンロード (※右クリックで「対象をファイルに保存」)

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading