早期動脈硬化研究会 (Research Group for Early Arteriosclerosis)

ホーム >  頸動脈エコーの基礎 > 頸動脈壁の超音波像 > 頸動脈壁の3層構造

頸動脈壁の超音波像 <頸動脈壁の3層構造>

動脈硬化性変化を伴わない健常者の総頸動脈長軸断層像は,血管の近位壁(near wall),遠位壁(far wall)ともに高エコー層,低エコー層,高エコー層の3層構造を示すが,この3層構造が血管壁の内膜,中膜,外膜を画像化しているわけではありません.
内側の高エコー層では血管内腔と内膜との境界が,外側の高エコー層では中膜と外膜との境界が画像化されていて,近位壁,遠位壁ともに内膜と中膜の境界は現状では識別できません.そのため超音波検査では,内膜と中膜を合わせて“内膜中膜複合体(intima-media complex:IMC)”として評価しています.

サイト内検索 (※Googleの広告が出る場合がありますが、当サイトと関連はございません。)

Loading